HOME  >  風俗SEO  >  10年ぶりの復活!Google検索にインデント結果を表示!

10年ぶりの復活!Google検索にインデント結果を表示!

  • 2021.09.24
  • 風俗SEO
検索結果のインデント

Googleは検索結果の表示形式を同一ドメインから2つのページが表示される際に、2つ目をインデントして表示するように変更しました。

 

 

インデント結果が10年の時を経て復活

下記のようにインデントされた2つ目は、表示が右に少しズレています。

 

Google検索結果

 

こちらは「”風俗売上.com”」にて検索した際の2件のページが出ている検索結果となります。
2つ目はインデントされています。

 

以前も同じドメインから2つのページが同時に出た際に、Googleは検索結果にて2つ目をインデントするようにしていました。
ですが、これは10年以上前に消滅しました。
今回インデント結果が10年の時を経て復活したのです。
Googleは数ヶ月前からテストを行っていたようですが、正式に導入したと思われます。

 

 

FAQ(Q&A・よくある質問など)のリッチリザルトは1つ目だけ表示される

注意点としては、FAQのリッチリザルトは1つ目だけに表示され2つ同時には表示されません。
2つ目のページにもFAQのリッチリザルトの構造化データがマークアップを行っていても表示されないようです。

※FAQのリッチリザルトは少し前に3つ以上マークアップしていても2件だけの表示に減らされています。

 

必ずしもそうではありませんが、ほとんどの場合は先頭から1つ目と2つ目の質問とその回答が検索結果に表示されているようです。

インデント結果の導入によって、FAQのリッチリザルトの表示回数やクリック数に変化があるかもしれません。

 

 

検索結果の多様性は?

しかし、以前Googleは検索結果に多様性をもたせるために同一サイトのページは基本的に(原則)2URLしかださないという発表をしています。
今回のインデント復活によって検索結果は変わってしまうのではないか?という疑念が湧いてきますよね。

 

実際、検索キーワードによって異なることは前提として、今回のインデント表示によって検索結果の多様性が少なくなる可能性もあるでしょう。
まだまだ実装されて間もないため、データがあるわけではありませんが、今後インデント表示がユーザーにとって良いものであると判断された場合、1ページにおける検索結果の表示数やその多様性は少なくなる可能性もあります。

 

ちょっとしたマイナー変化のように捉えられがちですが、このような変化が起きる可能性もあるため注意が必要そうです。

風俗売上.comは風俗専門商社です。風俗専門クレジットカード決済代行システムや、風俗サイト一括更新システムキャストアップ、スカウトメール一括送信システムスカウトアップ、風俗SEO対策、写メ日記投稿システムSNOUD、自動ネット予約システムFuzoku489、風俗不動産(風営承諾物件)をはじめとする、様々なサービスで風俗店様の売上アップを支援します。 お問い合わせはこちらまで。お気軽にどうぞ!

CONTACT

お問い合わせ

まずはお気軽に
お問い合わせください。