HOME  >  風俗SEO  >  タイトルが違う!?Googleが検索結果のタイトルを生成アルゴリズムについて言及

タイトルが違う!?Googleが検索結果のタイトルを生成アルゴリズムについて言及

  • 2021.09.09
  • 風俗SEO
困った女性

Googleは先日、検索結果に表示するページタイトルを生成するアルゴリズムを「クエリ単位ではなくページ全体を参考にしてタイトルを生成する」へと更新しました。

titleタグで設定したものとは異なっている、好ましくないタイトルが表示されたとして、不満の声が少なくはありません。
こうしたフィードバックを受け、Googleはタイトル生成のアルゴリズムの調整を近いうちに行いそうです。
しかし、タイトル修正を拒否する手段の提供は現時点での実現はなさそうです。

 

 

再調整の可能性はあるが、拒否する手段の提供は現時点ではなしか?

GoogleのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏が、英語版オフィスアワーでタイトル生成アルゴリズムの更新についてコメントしました。

 

届いたすべてのフィードバックを参考に繰り返しアルゴリズムの調整はされるはず。
私は状況が良くなるであろうと考えているが、SEOに取り組む人たちはこれ以上の変更は止めて欲しいと言うかもしれない。
しかし、私はきちんと意味をなす改良ができるものと期待している。

 

metaタグやあるいは他の方法で、修正からオプトアウトする仕組みについての話が出ていないわけではないが、個人的には少なくとも現時点では実現しないと思っている。
なぜなら過去にもそういったものを必要としなかったから。
そして、現状ではアルゴリズムが少し過剰というだけでオプトアウトの仕組みを提供する方向にというのは間違ったやり方だと考えている。
追加の設定に頼ってで解決するのではなく、アルゴリズムの改善によって解決すべきだと考えている。

 

 

再調整を繰り返す可能性がる

ヘルプコミュニティにも不適切なタイトル修正の事例が集まっています。GoogleはTwitterでの投稿もきっと収集していると考えられます。アルゴリズムの修正をこうしたフィードバックをもとに行っていくようです。落ち着くまでの間は、しばらく変化が続くかもしれません。なので、少し様子を見るのも、対応策の1つです。
ただし、hタグの見直しは行った方が良いかもしれません。キーワードを無理に入れるのではなく、適切にページの内容を反映出来ているかどうかを再確認しておくべきでしょう。

 

 

オプトアウト手段が提供される可能性は低い

Googleがタイトル修正を拒否するためのオプトアウト手段を提供する可能性は低そうです。

Googleの基本ポリシーとしては自動化なので、アルゴリズムで解決したいからです。

 

新しい設定の追加には時間も労力もかかり、直近で完成するものではありません。一刻も早く解決したい問題ですが、3ヶ月後や半年後となるでしょう。
また、Googleとしては間違った使われ方をされる懸念もあるのでしょう。

 

当面はタイトル修正の問題に関しては、Googleのアルゴリズム改良に委ねるしかなさそうです。
多くのフィードバックがあった方が改良のためには良いはずなので、書き換えが不適切な事例はヘルプコミュニティに挙げていきましょう。

風俗売上.comは風俗専門商社です。風俗専門クレジットカード決済代行システムや、風俗サイト一括更新システムキャストアップ、スカウトメール一括送信システムスカウトアップ、風俗SEO対策、写メ日記投稿システムSNOUD、自動ネット予約システムFuzoku489、風俗不動産(風営承諾物件)をはじめとする、様々なサービスで風俗店様の売上アップを支援します。 お問い合わせはこちらまで。お気軽にどうぞ!

CONTACT

お問い合わせ

まずはお気軽に
お問い合わせください。