HOME  >  風俗SEO  >  より多くのトラフィックを集める為に求人情報ガイドラインを守りましょう!

より多くのトラフィックを集める為に求人情報ガイドラインを守りましょう!

  • 2019.05.24
  • 風俗SEO
求人

2019年01月に仕事探しをよりスムーズにするために、日本でも「Google しごと検索」が公開されました。ウェブマスターが求人情報の構造化データを設定することで、求職者がサイトの求人情報に結びつくことに繋がり、その業種を望む求職者をサイトに誘導することが可能となります。

 

ウェブマスターとして、求職者が望む情報が得れるように求人情報ガイドラインを守ることが大切です。今回はガイドライン違反となるケースを3つご紹介します。

 

 

ガイドライン違反となるケース

  • ①期限切れの求人情報の削除
  • ②求人の詳細ページへの構造化データの配置
  • ③求人情報の詳細と構造化データの情報の一致

①期限切れの求人情報の削除

求人情報を見つけ、応募する際に、求人情報の有効期限が切れて応募できないのは求職者にとってもウェブマスターにとっても有益ではありません。

応募期限をきちんと管理することで、トラフィックの増加につながる可能性があります。

②求人の詳細ページへの構造化データの配置

求職者が求めているのは求人情報の詳細ページとなり、求人リストではありません。求人リストへのアクセスを回避するためにも可能な限り詳細ページへ構造化データの配置が必要です。

求人リストの表示ページ(求人検索結果ページ等)に構造化データの配置はしないようにしてください。

③求人情報の詳細と構造化データの情報の一致

JobPosting構造化データに、求人掲載に存在しない情報を含むサイトがあります。「Google しごと検索」で表示される求人詳細と、求人情報の説明ページが一致しないと求職者は混乱してしまいます。常にJobPosting 構造化データ内の情報が、求人掲載ページの情報と一致しているかを確認してください。例えば、給与情報での数字や職場等を必ず一致させてください。

 

求人掲載ページのコンテンツと整合性のある構造化データを用意することは、求職者が仕事を見つけることだけでなく、より精度の高い求めている人材の獲得に繋がります。

 

また、求人情報ガイドラインに違反した場合、Googleから手動ペナルティを受ける可能性がありペナルティを受けてしまうと「Google しごと検索」への求人を表示することができなくなる可能性があります。

必ず求人情報ガイドラインを遵守しましょう。

風俗売上.comは風俗専門商社です。風俗専門クレジットカード決済代行システムや、風俗サイト一括更新システムキャストアップ、スカウトメール一括送信システムスカウトアップ、風俗SEO対策、写メ日記投稿システムSNOUD、自動ネット予約システムFuzoku489、風俗不動産(風営承諾物件)をはじめとする、様々なサービスで風俗店様の売上アップを支援します。 お問い合わせはこちらまで。お気軽にどうぞ!

CONTACT

お問い合わせ

まずはお気軽に
お問い合わせください。