HOME  >  風俗SEO  >  インデックスカバレッジを改善しよう

インデックスカバレッジを改善しよう

  • 2018.08.16
  • 風俗SEO
404エラーのイメージ画像

SEOを意識しているウェブ管理者の方は、Search Consoleを使用していると思いますが、最近は「インデックスカバレッジ」というワードを目にするようになっていると思います。

 

新しいSearch Consoleでは、インデックスカバレッジというメニューが新たに追加されています。従来のSearch Consoleを使用していても、「インデックスカバレッジの問題が新たに検出されました」という通知を貰う場合があります。

 

 

インデックスカバレッジとは

インデックスカバレッジとは、新しいSeach Consoleに追加された
「サイト内のページがGoogleにどのようにインデックスに登録されているか」という現在の状況を確認できる機能です。

 

エラーが発生していれば、そのページはインデックスに登録されていない状態で検索結果に表示されません。そのページがどんなに優れていても、検索結果に表示されなければ意味がないので大問題です。

 

新しいSearch Consoleでは、インデックス状況のレポートを確認することが出来てそこから改善も行えます。レポートのステータスには下記の4種類があります。

 

  • ①エラー
    ページはインデックスに登録されていません。
  • ②警告
    ページはインデックスに登録されているか、最近まで登録されていましたが、気を付けておくべき問題があります。
  • ③除外
    なんらかの理由(通常はユーザーによる対処が不可能)によって、ページはインデックスに登録されていません。
  • ④有効
    ページはインデックスに登録されました。

 

有効か意図した除外であれば問題ありませんが、エラーや警告には対処する必要があります。ステータスの隣には、理由が表示されます。エラーの理由には、下記のような種類があります。

 

  • サーバーエラー(5xx)
  • リダイレクトエラー
  • 送信されたURLがrobots.txt によってブロックされました
  • 送信されたURLにnoindex タグが追加されています
  • 送信されたURLはソフト404エラーのようです
  • 送信されたURLが未承認のリクエスト(401)を返しました
  • 送信されたURLが見つかりませんでした(404)
  • 送信されたURLのクロールに問題があります

 

改善を行う際は、上記のエラーの理由を修正します。修正後は、この理由の箇所をクリックすると【修正を検証】というボタンがあるので、そちらをクリックすることによってGoogleに検証して貰うことができます。重要なページで一刻も早くインデックスさせたいという場合はこの検証を行った方が良いでしょう。

 

Googleがクロールした際にも検証は行われますので、しっかり修正をしていればこの検証は行わなくても問題はありません。今までのウェブの管理者は、「どのページがインデックスされていないのか」「なぜインデックスされないのか」といったインデックスの状況を改善する為の調査がとても大変な作業でした。しかし、今は簡単に行うことが出来ます。良いコンテンツを作っているのならしっかりとGoogleにインデックスさせましょう。

 

もし、インデックスカバレッジの問題が出ているのにどう対応していいかわからないというウェブの管理者の方がいらっしゃいましたら風俗売上.comにお気軽にご相談ください。

風俗売上.comは風俗専門商社です。風俗専門クレジットカード決済代行システムや、風俗サイト一括更新システムキャストアップ、スカウトメール一括送信システムスカウトアップ、風俗SEO対策、写メ日記投稿システムSNOUD、自動ネット予約システムFuzoku489、風俗不動産(風営承諾物件)をはじめとする、様々なサービスで風俗店様の売上アップを支援します。 お問い合わせはこちらまで。お気軽にどうぞ!

CONTACT

お問い合わせ

まずはお気軽に
お問い合わせください。