HOME  >  風俗SEO  >  サブドメインとサブディレクトリに対してGoogleが言及

サブドメインとサブディレクトリに対してGoogleが言及

  • 2019.01.02
  • 風俗SEO
ホームページのリンク講造

ウェブサイトを作成する時、サブドメインでサイトを構築していくべきか、それともサブディレクトリでサイトを構築していくべきかという点で迷ってしまうことも多いでしょう。

 

SEOにおいてもサブドメインとサブディレクトリに関しては長らく議論されてきた話題です。
風俗店においても大手のグループ店などを見てみると、サブドメインで構築されているサイトとサブディレクトリで構築されているサイトがあります。

 

この話題に関して、先日Googleが見解を出しました。ロンドンで開催された SearchLove London 2018 。そこで「サブドメインとサブディレクトリ」に関しての話題があがりました。

 

以下はGoogleのジョン・ミューラー氏の発言に関するまとめです。

 

Google は「サイト」という概念を持っているので、サブドメイン(orサブディレクトリ)で区切られた部分は、別のサイトとして認識されることもある

 

たとえば、別サイトとして Google に認識されていたサブドメインを、サブディレクトリに移行した場合、別々だったサイトが 1 つのサイトとして認識されるようになり検索結果での状態がよくなることもあり得る

 

信頼性(実績)を知るためにドメインレベルで見ることもある

 

具体的に説明していきましょう。
たとえば、ドメイン「www.example.com」には、サブドメインとして「tokyo.exmample.com」「osaka.exmample.com」があるとします。これらはGoogleに別々のサイトとして認識されることがあるのです。

 

Googleには「サイト」という概念があり、それぞれが独立したサイトであると考えているため、サブドメインなどに影響を与えない可能性があるのです。これはもちろんサブディレクトリでも同じ。

「www.example.com」と サブディレクトリの「www.example.com/blog」が別々のサイトとして認識されることすらあるのです。

 

さらにサブドメインにあったものをサブディレクトリに移行した場合、検索結果での状態がよくなることもあるとのこと。
別々のサイトとして Google に認識されていたサブドメインの サイトを、サブディレクトリに移行したとします。このとき、本来のドメインの持つシグナルが共有されるので、検索結果での状況が向上することがあると言うのです。そのため、「サブドメインよりもサブディレクトリが強い」ということにも成り得ると考えられます。

 

ただGoogleは、サブドメインとサブディレクトリに優劣をつけていません。これはSEOの歴史が始まって以来不変だと言えるでしょう。サブドメインかサブディレクトリかが直接影響するのではなく、同じサイトとしてGoogleに認識されるのか、それとも別々のサイトとして認識されるのかによって、検索結果が変わってくることもあるのです。

 

サブディレクトリとサブドメイン。

 

ここまでの話を見ると「サブディレクトリの方がいいじゃないか!」と考える方も多い事でしょう。しかし決してそうとは言えません。結局のところ「そのサブドメインのサイトやサブディレクトリがGoogleにどのように評価されているのか」で変わってくるのです。

 

風俗サイトの構築・運営を行う上でサブドメインにするべきか、サブディレクトリにするべきか悩んでいるのなら、ぜひ風俗売上.comまでご相談ください。

風俗売上.comは風俗専門商社です。風俗専門クレジットカード決済代行システムや、風俗サイト一括更新システムキャストアップ、スカウトメール一括送信システムスカウトアップ、風俗SEO対策、写メ日記投稿システムSNOUD、自動ネット予約システムFuzoku489、風俗不動産(風営承諾物件)をはじめとする、様々なサービスで風俗店様の売上アップを支援します。 お問い合わせはこちらまで。お気軽にどうぞ!

CONTACT

お問い合わせ

まずはお気軽に
お問い合わせください。