HOME  >  風俗SEO  >  ソフト404エラーって何だろう?

ソフト404エラーって何だろう?

  • 2018.07.26
  • 風俗SEO
404エラー

普通の404エラーのページではなくてソフトな404エラーのページ。一見簡単そうな言葉ですが、実はよくわかっていないという方も多いのではないでしょうか。今回は、この『ソフト404エラー』について書いていきます。

 

 

通常の404エラー

この3桁の数字は『HTTPステータスコード』と呼ばれるもので、ブラウザなどでWebページにアクセスした際にWebサーバが返すコードです。通常はページが正しく表示されて『200(OK)』のコードが返されます。

他にも転送されたページにアクセスすると『301(Moved Permanently)』のコードが返されたり、トラブルで表示できないページにアクセスすると『500(Internal Server Error)』のコードが返されたりします。そして、ページが存在しない時に返されるコードが『404(Not Found)』です。

 

URLの入力をミスして存在しないURLにアクセスした場合や、既に削除されているページにリンクやブックマークなどからアクセスした場合に、「ページが見つかりません」と書かれたページが表示されたことはありませんでしょうか?この時に通常であれば『404(Not Found)』のコードが返されます。

 

 

ソフト404エラーとは

先の404エラーと違い、ページが存在しない時に『200(OK)』のコードが返ってくる場合があります。これが『ソフト404エラー』の状態です。存在しないページにアクセスしているのに、存在していると言っている状態です。

 

Googleのクローラーも同じコードを受けとりますので、そのページがあるものとして判断しようとします。そのページ自体はコンテンツのない低品質ページで、しかも重複ページとして増殖していきます。SEO対策的にも良い状態とはいえず、Googleが検知した際にはSearch Consoleで警告されます。

 

 

ソフト404エラーの対処法

それでは、『ソフト404エラー』はどのように対処すれば良いのでしょうか。

まずは、オリジナルの404エラーページを作成します。そのページには、存在しないページである旨のエラーメッセージを含めてください。サイトのデザインに合わせたりユーザーが望むページに誘導するリンクをつけたりすると、ユーザーの離脱も少なくなります。

 

404.htmlなどのファイル名にしてドメイン直下に保存します。

.htaccessに下記の記述をします。

 

ErrorDocument 404 /404.html

 

これで、404コードが返さた場合は作成した404.htmlのページが表示されます。この時、『/404.html』と相対パスで記述する事に注意してください。絶対パスで記述するとソフトエラーになります。

 

レンタルサーバーの場合は、サーバーの方で設定が用意されている場合があったり、WordPressのサイトの場合は、404.phpを設置したりと環境によって対処法は異なります。

『ソフト404エラー』は、風俗店等のサイトでもありがちなエラーで、既に辞めてしまった女性のページや終了したイベントのページなど削除したページがある場合は、どんなコードが返されるか注意が必要です。

 

Search Consoleに警告が来ているけどどう対処したら良いのかわからない等、ソフト404エラーについてのお悩みがある場合は風俗売上.comにお気軽にご相談ください。

風俗売上.comは風俗専門商社です。風俗専門クレジットカード決済代行システムや、風俗サイト一括更新システムキャストアップ、スカウトメール一括送信システムスカウトアップ、風俗SEO対策、写メ日記投稿システムSNOUD、自動ネット予約システムFuzoku489、風俗不動産(風営承諾物件)をはじめとする、様々なサービスで風俗店様の売上アップを支援します。 お問い合わせはこちらまで。お気軽にどうぞ!

CONTACT

お問い合わせ

まずはお気軽に
お問い合わせください。