HOME  >  風俗SEO  >  ページエクスペリエンスシグナルの要因「HTTPS」と「CWV」は個々で評価される

ページエクスペリエンスシグナルの要因「HTTPS」と「CWV」は個々で評価される

  • 2021.07.14
  • 風俗SEO
スマートフォンを持つ手

Google 検索でページ エクスペリエンスが優れていると評価されるための重要なシグナル。
それが「ページエクスペリエンスシグナル」です。
このシグナルの各要因は個々に評価されるようです。
つまり、シグナル全てが良好でなければ影響しないというわけではなく、シグナルそれぞれがランキングに影響するということです。

 

 

ページエクスペリエンスシグナルとアップデート

日本時間の2021年06月16日にGoogle検索セントラルがTwitterの公式アカウントにて「ページエクスペリエンスアップデートを現在ゆっくりと展開しています。完了時期は2021年08月末」と発表しています。
今回のアップデートはすべての検索結果に最初から適用するのではなく、適用範囲を段階的に拡大していくという意味で、「ゆっくりと展開」という表現をしているようです。

 

このページエクスペリエンスアップデートは以下の5つの要因で構成されています。

 

  • コアウェブバイタル(Core Web Vitals)
  • モバイルフレンドリー(Mobile Friendly)
  • セーフ ブラウジング(Safe Blowsing)
  • HTTPS
  • 煩わしいインタースティシャルがない

 

 

 

ページエクスペリエンスシグナルの評価

疑問として浮かぶのがHTTPSはきちんと実装していて評価が上がる条件を満たしたとして、コアウェブバイタルの状態が悪いかった場合にHTTPSのプラス評価が打ち消されてしまうのか?
それとも、HTTPSはコアウェブバイタルの状態とは関係なく独立して評価されるのか?

 

この疑問に関してジョン・ミューラー氏は

 

しっかりと確認してはいないけれど、自分の理解としては、ページエクスペリエンスシグナルの各要因は個別に評価されるはずだ。

 

と発言しています。

この発言からHTTPSでプラス評価されている一方、コアウェブバイタルでマイナス評価を受けるといった状況が起こる可能性があります。

 

例えば、コアウェブバイタルとモバイルフレンドリーがきちんと出来ていなくても、セーフブラウジングとHTTPSがきちんと出来ていればHTTPSに関してはプラスの評価が得られると想定できます。
コアウェブバイタルとモバイルフレンドリーに関してはマイナス評価を受けるのは間違いないですが。
※現時点で各ページエクスペリエンスシグナルの重み付けの違いは不明です。

 

ページエクスペリエンスシグナルは、ランキングの評価に関わるユーザー体験要因の総称。
確かに評価としては全体ではなく、個々のシグナルの評価なので、全てエラーのないようにしなければならないというわけではありません。
現実的にはリソースの問題で改善ができない(改善できるまでに時間がかかってしまう)といったこともあると思います。
なかなか手が回らないというウェブマスターの方には良い情報かもしれませんね。しかし、ただし、どの要素も大事なものですから、基本的にどれかが欠けているという状態は避けなければなりません。
すべての要因を満たせるようなユーザーにとって良いサイトを作りましょう。

 

風俗売上.comは風俗専門商社です。風俗専門クレジットカード決済代行システムや、風俗サイト一括更新システムキャストアップ、スカウトメール一括送信システムスカウトアップ、風俗SEO対策、写メ日記投稿システムSNOUD、自動ネット予約システムFuzoku489、風俗不動産(風営承諾物件)をはじめとする、様々なサービスで風俗店様の売上アップを支援します。 お問い合わせはこちらまで。お気軽にどうぞ!

CONTACT

お問い合わせ

まずはお気軽に
お問い合わせください。