HOME  >  風俗SEO  >  ページスピード改善に役立つ「WebP」!Safariでもサポート決定

ページスピード改善に役立つ「WebP」!Safariでもサポート決定

  • 2020.06.26
  • 風俗SEO
読み込み速度が速いイメージ

世界的に普及率が高くなったスマートフォン。
皆様、スマートフォンはどの機種をご利用していますか?かなり多くの方が「iPhone」と答えるのではないでしょうか。

 

それもそのはず。
実は日本では約57%のスマホユーザーがiPhoneを利用していると言われています。
スマートフォン所有者の半数以上がiPhoneを利用しているのです。特に若い世代でiPhoneの所有者が多いようです。

 

そんなiPhoneを展開するApple製のブラウザ「Safari」で動きがありました。
Webに関わる皆さんなら、かなり大きな変化なので、ぜひとも覚えておきましょう。

 

 

ページスピードを問題視するGoogle

近年、Googleはページスピードに対する重要性を高めていると考えられます。
PageSpeed InsightsやCore Web Vitalsがそれにあたるでしょう。

 

以前、『Core Web Vitals』という新たな指標が検索ランキング要因に導入される、という内容の記事を公開しました。

 

Google検索のランキング要因にCore Web Vitalsが導入される!?

 

まだ『Core Web Vitals』をよく知らないという方は、ぜひこちらの記事をご覧ください。

こちらの記事でも紹介した、
LCP(Largest Contentful Paint)という項目、これは分かりやすく言えば『読み込み時間』です。
つまり、ページを表示する速度に関わる内容ですよね。

 

PageSpeed Insightsを一度でも利用したことがある方なら分かるかと思いますが、
ページスピードが遅い原因として画像ファイルの指摘を受けることがあります。

 

Google PageSpeed InsightsのDevelopersには以下のような内容が書かれています。

 

  • 画像の見た目の品質に大幅な影響を与えずに、ファイルサイズを小さくする
  • 画像の最適な種類(保存形式)、画質、解像度を選ぶ
  • 必要とする効果がCSSで得られる場合はCSSにする
  • 端末の種類に合わせて適切に拡大縮小される方法で構築する

 

このように、画像に関する内容がいくつも書かれているのです。
それだけ画像ファイルがページの表示スピードに与える影響が大きいということが分かります。

 

 

画像問題はWebPで解消できるかも!

この度、Safariのバージョン14で、WebPを標準機能としてサポートすることが決まりました。
(※ただし正確にはβ版です)

WebP(ウェッピー)とはGoogleが開発した静止画像フォーマットです。
ファイルの拡張子は「.webp」となります。
Googleが示した事例ではJPEGと比較して25-34%ほどファイルサイズが小さくなります。
現在の画像フォーマットでは最も軽いものであると言えるでしょう。
つまり、ページの表示速度を速めることにも一役買ってくれる存在なのです。

 

今、WebPは世界で使用されているブラウザの約80%が対応しています。
しかし、特に日本でメジャーなブラウザ「Safari」ではサポートされていなかったのです。
つまり、画像ファイルのサイズを小さくするためにWebPに変更しても、Safariではサポートされておらず、多くのiPhoneユーザーがいる日本ではあまり意味のないものとなっていました。
そのため、WebPに画像を変更しないウェブマスターの方も多かったはずです。
しかし、今回の発表でSafariでもWebPがサポートされる様になりました。
まだ、β版なので正式採用ではありませんが、これが今後の足掛かりとなる可能性は非常に高いと考えられます。

 

ぜひこの機会にWebPを採用して、ページスピードの改善を行ってみてはいかがでしょうか。

風俗売上.comは風俗専門商社です。風俗専門クレジットカード決済代行システムや、風俗サイト一括更新システムキャストアップ、スカウトメール一括送信システムスカウトアップ、風俗SEO対策、写メ日記投稿システムSNOUD、自動ネット予約システムFuzoku489、風俗不動産(風営承諾物件)をはじめとする、様々なサービスで風俗店様の売上アップを支援します。 お問い合わせはこちらまで。お気軽にどうぞ!

CONTACT

お問い合わせ

まずはお気軽に
お問い合わせください。