HOME  >  風俗SEO  >  CLSの定義をGoogleが変更、新CLSでページエクスペリエンスシグナルは評価される

CLSの定義をGoogleが変更、新CLSでページエクスペリエンスシグナルは評価される

  • 2021.06.12
  • 風俗SEO
ホームページのレイアウト

コアウェブバイタルの3つの要素の1つであるCLS(Cumulative Layout Shift)の定義が変更されます。

 

 

コアウェブバイタルの3つの要素

過去にも紹介させていただきましたが現在のコアウェブバイタル(Core Web Vitals)の3つの要素とは下記となります。

 

  • LCP:ブラウザの表示範囲内で、最も大きなコンテンツが表示されるまでの時間
  • FID:ページ内で最初にアクションを行った際、ブラウザがそれに反応するまでの時間
  • CLS:ユーザーが意図せぬレイアウトシフト(レイアウトのズレ)がどれぐらい発生したか

 

2021年06月中旬から段階的にロールアウトされるページ エクスペリエンス アップデートに向け、このうちの1つCLSの定義が今回変更されるとのことです。

 

 

変更されるCLSの定義とは?

気になるCLSの定義がどのように変更されるか説明していきます。

 

これまでのCLSの定義は上記でお伝えした、「ユーザーが意図せぬレイアウトシフト(レイアウトのズレ)がどれぐらい発生したか」となります。
この「どれぐらい発生したか」はすべてのレイアウトシフトが含まれます。

 

変更後の定義のもとでは、【Session Window(セッション ウィンドウ)】という概念が追加されます。

Session Windowとは?

Session Windowとは簡単に言うと、レイアウトシフトをグループ化した単位となります。
一般的にレイアウトシフトは1度ではなく、何度も発生します。
その発生した複数のレイアウトシフトをいくつかにまとめてグループ化したのがSession Windowとなります。

どうのようにグループ化するのか?

発生したレイアウトシフトとレイアウトシフトの間隔が1秒空いた際に新しいSession Windowにグループ化されます。
1秒未満の間隔でレイアウトシフトが発生し続けた場合、あくまでそれらのレイアウトシフトは1つのSession Windowグループという扱いとなります。

 

また、Session Windowは時間制限が設定されており、CLSの算出に用いるのは最大5秒となります。
最大5秒の制限のSession Windowの中で発生したレイアウトシフトを累積しスコアを出します。
スコアとして実際に用いられるのは、最も大きな累積レイアウトシフトを持ったSession Windowのスコアとなります。
それ以外のSession WindowのレイアウトシフトはCLSのスコアには含まれません。

 

今まではセッション中のすべてのレイアウトシフトがCLSのスコアに含まれましたが、新しい定義のもとでは最も大きなレイアウトシフトを発生させたSession Windowのみが、CLSの最終スコアに影響することとなります。

 

 

CLSの定義の変更はサイト管理者にプラス?マイナス?

Googleによると、新しい計測方法のCLSのもとでは下記のような変化が見られるとのことです。

 

  • スコアが悪くなるページはゼロだった
  • 55%のサイトは75パーセンタイルでスコアに変化なし
  • 45%のサイトは75パーセンタイルでスコアが良くなる
  • ほとんどは若干の改善
  • 3%は「改善が必要」または「不良」が「良好」になった

 

現状ではCLSの定義変更はサイト管理者にとってプラスの更新だと言えるでしょう。
Core Web Vitalsは最近になって発表されたものなので今後もこういった変更はあり得ると考えられます。
最新の情報に目を向け、アンテナを張っておくてことが大事です。

風俗売上.comは風俗専門商社です。風俗専門クレジットカード決済代行システムや、風俗サイト一括更新システムキャストアップ、スカウトメール一括送信システムスカウトアップ、風俗SEO対策、写メ日記投稿システムSNOUD、自動ネット予約システムFuzoku489、風俗不動産(風営承諾物件)をはじめとする、様々なサービスで風俗店様の売上アップを支援します。 お問い合わせはこちらまで。お気軽にどうぞ!

CONTACT

お問い合わせ

まずはお気軽に
お問い合わせください。