HOME  >  風俗SEO  >  ページネーションタグは機能していなかった?

ページネーションタグは機能していなかった?

  • 2019.03.30
  • 風俗SEO
ページネーション

ページネーションタグサポートの終了

GoogleがTwitterにて2019年3月21日に

rel=”prev” ・”next”

のリンク要素のサポートを終了したこと告げました。

ページネーションタグは2011年9月にGoogleが開始したサポートで、rel=”prev” ・”next”はページネーションした一連のページが繋がったものだとGoogleに伝える為のタグでした。

 

今までGoogleはページネーションしたコンテンツには、

rel=”prev” ・”next”を設置するようにとヘルプページやオフィスアワーでアドバイスしてきましたが、実は数年前からサポートを打ち切っていました。

ただ、サポートを打ち切っていたことを意図的に隠していたわけでなく、Google内部のエンジニアチームと、ウェブマスターに情報を発信するチームとの間で連携が取れていなかったことが原因のようです。

 

このことに関してGoogleは意思疎通が図れていなかったと謝罪しています。結果としてページネーションタグは何の効果も無いことが確定しました。ページネーションしたページは独立したページとして扱われています。

 

各ページは独立したページとして評価されるので1ページ目ではなく、先の2ページ目やもっとの先の15ページ目が検索結果に出てくる場合もありえます。

 

 

Googleへの対策としては2つ

1つは「全てを表示」のオールビューページ作成し各ページのcanonicalはオールビューページに向け正規化します。ただしページ数が膨大な場合オールビューページだと表示スピードが落ちる等問題もあります。

 

もう1つは検索結果で1ページ目以外のページが上がったとしても、ユーザーにとって有用なページになるように、各タグを適切にしページ上部にサイトの説明を配置するといったことが考えられます。

 

 

すでに設置しているページネーションタグは削除すべきか?

こちらに関しましては現状特別な処置は不要と考えます。機能していないだけでマイナスに働くタグではありませんし、他の検索サイト「Bing」ではサポートされています。

 

設置することで評価されることはないものの、クローラーが回る際にページの発見・サイト構成の理解には利用しているとのこです。また、今後新しくサイトやページを作成した際には、ページネーションタグをわざわざ設置することはしないと思います。

その場合クローラーはページネーションリンクとサイトマップからリンクを辿ることになるので、そちらは適切に設置・記述しておきましょう。

風俗売上.comは風俗専門商社です。風俗専門クレジットカード決済代行システムや、風俗サイト一括更新システムキャストアップ、スカウトメール一括送信システムスカウトアップ、風俗SEO対策、写メ日記投稿システムSNOUD、自動ネット予約システムFuzoku489、風俗不動産(風営承諾物件)をはじめとする、様々なサービスで風俗店様の売上アップを支援します。 お問い合わせはこちらまで。お気軽にどうぞ!

CONTACT

お問い合わせ

まずはお気軽に
お問い合わせください。