HOME  >  風俗SEO  >  Google アナリティクスの管理者はSearch Consoleも自動登録に

Google アナリティクスの管理者はSearch Consoleも自動登録に

  • 2018.10.24
  • 風俗SEO
Analytics

以前に、新しいSearch Consoleが正式版になったという話題に触れたことがあります。

 

新しいSearch Consoleがついに正式版になりました

 

新旧どちらもですが、このSearch Consoleを使用するためにはまずサイト登録をしなければなりません。サイト登録をするためにはhtmlファイルをアップロードするかmetaタグを埋め込む必要があったのですが、今のSearch ConsoleはどうやらGoogle アナリティクスの管理権限を持っていれば自動で登録がされるようです。

 

 

どのように登録されるのか

サーチコンソールログイン画面

 

今までSearch Consoleを使用するには、サイトを登録してプロパティを作成し手動で所有権(そのサイトを管理している立場にあるのかどうか)の確認をしなければいけませんでした。もちろん、難しい作業ではありませんでしたがそれでも手間が発生します。

 

しかし、今後はGoogle アナリティクスの管理権限を持っていれば、面倒な登録や所有権の確認作業をしなくても自動でサイトが登録され、Search Consoleが使用できるようになるのです。少しの作業ではありましたが、手間が省けるという点は嬉しいことです。

 

 

そもそもGoogle アナリティクスとは?

では、その手間を省いてくれるという「Google アナリティクス」とはなんなのでしょうか?
こちらもSearch Console同様、Googleが提供しているウェブサイトのアクセス解析ツールです。Search ConsoleはGoogleの検索からサイトへ入るまでを解析できるツールとすれば、Google アナリティクスはその先……つまりサイトへ入ってからのユーザーの動きが解析できます。

 

Search Consoleと組み合わせて使うことで、サイトを使っているユーザーの動きをより把握することができるため、ウェブサイトの管理者であればぜひ使用しておきたい解析ツールの1つとなります。

 

風俗店でも、どの女の子ページの閲覧が多いのか、この間出した会員メルマガの評判はどうだったのか、といった詳しい調査もできるため、売上にも貢献することでしょう。まだGoogle アナリティクスは使っていないという方はぜひこれを機に導入してみてはいかがでしょうか。

 

 

気を付けたいこと

Google アナリティクスはすでに使っている、という方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、共同の管理者がいる場合は注意が必要です。

 

今回Search Consoleの自動登録が行われるのは、「ウェブ プロパティの編集権限を有しているユーザー」となります。その為、過去に共同で風俗店を運営していたが今は別店舗で働いている、というような方のアカウントに編集権限を付与したままだと、勝手にSearch Consoleが登録されてしまいます。

情報の流出やサイト内の情報を勝手に操作されてしまう要因にもなりかねませんので、複数人でGoogle アナリティクスを使用している方は一度権限を見直したほうがよいかもしれません。

 

今回、この自動登録が行われた際にはSearch Consoleに通知が届きます。どうやらすでに登録済みのサイトでも通知が届くことがあるようですので、この通知はどういう意味なの?と疑問に思った方は、お気軽に風俗売上ドットコムまでお問い合わせください。

風俗売上.comは風俗専門商社です。風俗専門クレジットカード決済代行システムや、風俗サイト一括更新システムキャストアップ、スカウトメール一括送信システムスカウトアップ、風俗SEO対策、写メ日記投稿システムSNOUD、自動ネット予約システムFuzoku489、風俗不動産(風営承諾物件)をはじめとする、様々なサービスで風俗店様の売上アップを支援します。 お問い合わせはこちらまで。お気軽にどうぞ!

CONTACT

お問い合わせ

まずはお気軽に
お問い合わせください。