HOME  >  風俗SEO  >  Google画像検索に新機能が発表されました

Google画像検索に新機能が発表されました

  • 2018.10.04
  • 風俗SEO
Google画像検索の画像クレジット表示画面

Googleは9月28日(米国時間9月27日)に、公式ブログを更新し画像検索に改良を加えたと発表しました。

 

 

画像検索の変更内容

変更の内容としては、画像のクレジット情報が表示されるようになっています。該当する画像には『画像クレジット』というリンクが表示されて、クリックすると『クリエーター』と『クレジット』の情報が表示されます。

 

Googleの画像検索では、以前は「画像を表示」というボタンがあり、そこから画像を表示する事が出来ました。しかし、著作権侵害の問題ある為、今年の2月に「画像を表示」ボタンが削除されたという経緯があります。

今回の改良は、著作権侵害問題を解決する為に行われ、今後は著作権表示も行われるようになるとのことです。

 

その他には、PCでの検索結果の一覧に、掲載されているページのタイトルとドメインが表示されるようになりました。スマートフォンでの画像検索では、今年の3月に追加されている機能です。

 

パソコンでのGoogle画像検索結果

 

風俗系で言えば、「新宿 デリヘル」のようなキーワードで画像検索を行うと、女の子の画像とぺージのタイトルとドメインが表示されます。タイトルの冒頭に無意味なテキストを入れていると、そちらが表示されてしまうので注意が必要です。

 

 

Google Lensのサポート

9月25日(米国時間9月24日)にサンフランシスコで行われたプレスイベントでは、画像検索でGoogle Lensがサポートされるようになるという発表がありました。

 

画像検索で表示された画像のGoogle Lensのボタンを押すと、Googleが何の画像なのかを解析します。そして、写っている物の情報を表示します。それが商品であれば、購入の為の情報やレビューなども表示されます。画像に写っている他の物を指で触れば、そちらを認識して情報が表示されます。

Google Lensの機能が導入される時期はまだ不明ですが、これからは画像検索からのアクセスが増加する事が予想されます。

 

 

画像検索への最適化

通常の検索結果に表示させる為の対策と同様に、画像検索に表示させる為の対策というのも存在します。簡単に行える例としては、画像の代替えテキストとなるalt属性の設置、ファイル名を画像にあったものにする、画像周辺には画像に関連のあるテキストを配置するなどがあります。

その他にも、構造化データのマークアップや画像サイトマップの設置といった対策もあります。

 

風俗売上ドットコムでは「テキスト検索で検索結果の上位に表示したい」「画像検索に表示されるようにしたい」といったご相談を受け付けております。

ご希望の方は当サイトよりお気軽にご連絡ください。

風俗売上.comは風俗専門商社です。風俗専門クレジットカード決済代行システムや、風俗サイト一括更新システムキャストアップ、スカウトメール一括送信システムスカウトアップ、風俗SEO対策、写メ日記投稿システムSNOUD、自動ネット予約システムFuzoku489、風俗不動産(風営承諾物件)をはじめとする、様々なサービスで風俗店様の売上アップを支援します。 お問い合わせはこちらまで。お気軽にどうぞ!

CONTACT

お問い合わせ

まずはお気軽に
お問い合わせください。