Warning: call_user_func_array() [function.call-user-func-array]: First argument is expected to be a valid callback, 'move_scripts_head_to_footer_ex' was given in /home/uriage/public_html/wp/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

HOME  >  風俗SEO  >  SEOに重要な3番目の要素といわれるRankBrainについて

SEOに重要な3番目の要素といわれるRankBrainについて

  • 2017.11.15
  • 風俗SEO
スマートフォンのGoogleアプリ

RankBrainとは、Googleが発表した検索アルゴリズムの1つで、機械学習の技術を使った人工知能システムによって様々な検索クエリやWEBページを学び、最適な検索結果を表示します。

 

 

RankBrainは、何を学習してどういう順位付けをしているの?

検索エンジンにとって重要な事は、検索したユーザーが何を知りたいのか?つまり「検索意図」です。RankBrainは、その検索意図を学習して最適な順位を付けます。

 

昔は、サイトの中に検索したキーワードが無いと検索結果に表示されませんでしたが、今は、検索者の検索意図とマッチしていれば検索結果に表示されます。

 

例えば、「日本一 高い山」と検索した場合には、「日本一」や「高い山」が含まれていなくても「富士山」について書かれたサイトが検索結果に表示されます。

それは、RankBrainが「日本一 高い山」という検索クエリでは「富士山」ついて知りたいという検索意図を学習しているからです。

 

 

RankBrainってどれくらい重要なの?

Googleは、3番目に重要な要素と発言しております。検索クエリや検索する状況など様々な要因があり一概には言えませんが、リンク・コンテンツに次いで重要という位置付けになっています。
とても重要な要素です。

 

Googleで検索されるクエリ(言葉)のうち、15%は初めて検索されるクエリと言われております。初めて検索されるクエリであっても、Googleは適切な検索結果を表示する事が出来ています。これは、RankBrainが学習して最適な検索結果を表示しているからです。

 

 

RankBrainにはどう対策すればいいの?

RankBrainには、これといって効果のある対策方法はありません。どれだけユーザーの検索意図に答えられるページを作れるかがポイントになります。

 

ユーザーが何を求めてこのサイトを訪れるのかを考えて、ユーザーの為によりよいサイト作りを行う事がRankBrainのSEO対策に繋がります。

 

狙っているキーワードで上位表示している競合サイトと自分サイトを比べてみて、そのキーワードで表示される価値があるのはどちらのサイトなのかを考えてみましょう。もし、競合サイトの方が価値があると思えたら価値のあるコンテンツを追加すると良いでしょう。

 

 

RankBrainの今後は?

前回、Siriのウェブ検索がGoogleに変更、iPhoneユーザーの流入に繋がるのか?という記事で、iPhoneのsiriのウェブ検索エンジンがGoogleなったという事を紹介しました。そして、GoogleのAndroidにも音声アシスタントが付いており声で検索する事が出来ます。

 

Googleは、2017年10月6日に日本でもスマートスピーカーである「Google Home」を発売しました。インターネットに接続されたスピーカーで、「ねぇ Google」「OK Google」に続けて、知りたい事を聞けば検索して結果を答えてくれます。

 

このように、今後は音声検索が増加して行く流れとなっており、検索されるクエリの種類はどんどん広がって行く事が予想されます。そうなると、RankBrainの影響はますます強くなっていきます。

 

ウェブサイトは、誰かに見てもらう為のものです。その誰かに見てもらう価値のあるサイト作りを行って、RankBrainに強いサイトを作って行く事が今後は必要です。

風俗売上.comは風俗専門商社です。風俗専門クレジットカード決済代行システムや、風俗サイト一括更新システムキャストアップ、スカウトメール一括送信システムスカウトアップ、風俗SEO対策、写メ日記投稿システムSNOUD、自動ネット予約システムFuzoku489、風俗不動産(風営承諾物件)をはじめとする、様々なサービスで風俗店様の売上アップを支援します。 お問い合わせはこちらまで。お気軽にどうぞ!

CONTACT

お問い合わせ

まずはお気軽に
お問い合わせください。