HOME  >  風俗SEO  >  サイトマップは1つにまとめたものと分割したものでクロールに差はあるのか?

サイトマップは1つにまとめたものと分割したものでクロールに差はあるのか?

  • 2019.02.13
  • 風俗SEO
サイトを作っているイメージ図

サイトマップを1つに全てのURLをまとめたものと、複数のサイトマップに分割したものとで、URL送信した場合Googleのクロール・インデックス数に差が生まれるのでしょうか?

 

結論:差は生まれない

 

Googleのジョン・ミューラー氏は以前、「ウェブページと画像をサイトマップに1つにまとめるべきか、分けるべきか」

このような質問に対し下記のように回答しました。

 

どちらの方法でも機能する。Google側の技術的な仕組みで言うと、発見したサイトマップはすべて統合し、1つの大きなファイルにまとめ、それから処理をする。

なのでURL情報をどのような形でサイトマップに分けるかはほとんどの場合サイト管理者の自由だ。設定やCMS、サーバーその他も都合に合わせて良いものを選択してかまわない。

Googleにとってサイトマップがどう分かれているかは、重要なことではない。

 

サイトマップがどのように分かれていてもGoogleは個々で処理する訳ではなく、全てを統合してクロールに利用しているとのことです。

 

ですので、複数のサイトマップに重複したURLを記述したからといってその分多くクロールされるといったものではないのです。小規模サイトであればサイトマップを分ける必要はないでしょう。

大規模サイトであれば管理面を考慮し、カテゴリ等でサイトマップを分けた方が把握しやすくはなるでしょう。

 

サイトマップを1つにまとめようと複数に分割しようと、Googleのクロールとインデックスには関係しませんので、自分にとってサイトを管理しやすい形を選びましょう。

風俗売上.comは風俗専門商社です。風俗専門クレジットカード決済代行システムや、風俗サイト一括更新システムキャストアップ、スカウトメール一括送信システムスカウトアップ、風俗SEO対策、写メ日記投稿システムSNOUD、自動ネット予約システムFuzoku489、風俗不動産(風営承諾物件)をはじめとする、様々なサービスで風俗店様の売上アップを支援します。 お問い合わせはこちらまで。お気軽にどうぞ!

CONTACT

お問い合わせ

まずはお気軽に
お問い合わせください。