HOME  >  風俗SEO  >  Googleがtitleタグ書き換えのアルゴリズムを広範囲に調整した?

Googleがtitleタグ書き換えのアルゴリズムを広範囲に調整した?

  • 2021.08.30
  • 風俗SEO
疑問のイメージ

Googleがtitleタグの記述とは異なるタイトルを検索結果に表示するアルゴリズムを広範囲に渡って調整を行ったかもしれません。

 

 

Googleのtitleタグ書き換えとは?

基本的に検索結果に表示されているウェブページのタイトルは HTMLのtitleタグの記述が使用でされます。しかしクエリに応じてGoogleの判断でtitleタグの記述とは異なったタイトルが表示されることがあります。
Googleのtitleタグ書き換え自体は今に始まったことではなく、10年ほど前から導入されている仕様となります。そのことに関しては検索セントラルのドキュメントにも理由が明記されています。
異なるタイトルが表示されるのは、ユーザーにクエリとの関連性をより明確に示すことが目的とされています。

 

titleタグの記述が必ずページ内にクエリに関連する情報があることを反映しているとは限らないことや、ユーザーに求めている情報がそのページにあることを伝えるのにGoogleはtitleタグの修正が役立つと考えているためです。

 

 

現在、関連性のないものに書き換えが発生している?

上記のようにtitleタグの書き換え自体は以前から行われていることです。しかし数日前から適切とは思えない書き換え発生しているケースが目立っているとのこと。
hタグが検索結果のタイトルに使用されている事例が発見されたりしています。

 

 

あくまでアルゴリズムの微調整?

GoogleのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏は、

 

タイトル修正のアルゴリズムを調整したのかもしれないが、著しい数で酷い書き換えが起こっているとは思わない。

 

とtitleタグ書き換え増加に対してこのように発言しています。
現状どうなのかは不明ですが、タイトルを予期しないものに書き換えられることにサイト管理者は敏感なのでネガティブなものが目立っている可能性もあります。
しかし検索結果上でタイトルの書き換えが増えているのは事実と考えられます。不適切な書き換えの場合、検索結果のクリック率に悪影響が与えられる懸念があります。
直近のクリック率の変化には注意を向けておくべきでしょう。

 

 

Googleが検索結果のタイトルに使用しうる要素は?

今回は検索結果のタイトルにhタグが使われたとの報告が多く見受けられますが、その他にもタイトルに使用される可能性があるのは以下のようなものが挙げられています。

 

  • titleタグ:通常記述されているもの
  • 以前のtitleタグ:新しくtitleタグを変更した場合
  • hタグ
  • meta descriptionタグ
  • アンカーテキスト
  • ブランド名(サイト名)

 

上記以外にもalt属性が使用されたといった情報もあります。

完全に防ぐことは出来ませんが、検索セントラルサイトのドキュメントでは修正されないようなtitleタグの付け方にも言及しています。

 

また、希望通りのタイトルに直る保証はありませんが明らかに不適切なものに書き換えられた場合は、検索結果からフィードバックを送りましょう。
アルゴリズムの改善には役立ててもらえるはずです。

風俗売上.comは風俗専門商社です。風俗専門クレジットカード決済代行システムや、風俗サイト一括更新システムキャストアップ、スカウトメール一括送信システムスカウトアップ、風俗SEO対策、写メ日記投稿システムSNOUD、自動ネット予約システムFuzoku489、風俗不動産(風営承諾物件)をはじめとする、様々なサービスで風俗店様の売上アップを支援します。 お問い合わせはこちらまで。お気軽にどうぞ!

CONTACT

お問い合わせ

まずはお気軽に
お問い合わせください。