HOME  >  風俗SEO  >  Google Chromeが【HTTPS-First Mode】を試験導入、非HTTPSページへのアクセスをブロックするようになる可能性がある

Google Chromeが【HTTPS-First Mode】を試験導入、非HTTPSページへのアクセスをブロックするようになる可能性がある

  • 2021.07.29
  • 風俗SEO
SSLの概念

Google Chromeに【HTTPS-First Mode(HTTPSファーストモード)】が試験的に導入されました。
今後、非HTTPSサイトへの接続をChromeが完全にブロックする可能性があります。

 

 

アクセス時に非HTTPSページに警告が表示される

【HTTPS-First Mode】が試験機能として、Chrome Canary(試験運用版 Chrome)の94に導入されました。

※Chrome CanaryとはGoogle Chromeで今後登場する新機能を試しているものとなり、開発者や新機能をいち早く触ってみたいという方が使用する試験運用版・開発版となります

 

使用方法は、Chrome Canaryの94で、「セキュリティ」設定の「詳細設定」にある「常に安全な接続を使用する」をONにすることで使用できます。
ONにした状態で非HTTPSページ(HTTPページ)で通信しているページにアクセスを行うと「[サイトドメイン]への接続は安全ではありません」と警告が表示されるようになります。
「サイトへ移動」のボタンをクリックすれば、警告を無視してページに移動することは可能です。

 

Firefoxは、すでに2020年11月にリリースされたバージョン83から「HTTPS-Onlyモード」として、今回の【HTTPS-First Mode】と同様の機能を実装しています。

 

【HTTPS-First Mode】はChrome Canaryへの導入なので、Chromeに正式な機能として実装されるかは現時点ではわかりません。
また、正式に実装されたとしても選択制となるはずなのでOFFにすることも可能だと考えられます。
※デフォルトでONとされるのかOFFかは不明です。

 

何にしても、Chormeのセキュリティが更に厳しくなる可能性はあります。
HTTPで公開しているセキュリティが低いサイトは昨今では少数派となっています。
ですが現状でもHTTPのままで公開している場合、ユーザーにアクセスすることを躊躇させるような機能がChromeに実装される可能性があることを認識しておかなければなりません。

 

 

HTTPSのインジケータも変更される?

HTTPSで通信していることを表しているインジケータも変更される可能性があります。
現在は、HTTPSページにアクセスすると鍵マークのアイコン付いています。

 

変更後はインジケータの鍵マークが消えており、シンプルな下向きの矢印(>の下向き)に変わっています。
下向き矢印をクリックすることで、そのページの通信が保護されていることの確認ができます。

 

この変更に関しては、調査を行った結果多くの一般ユーザーが鍵マークアイコンの意味を理解しておらず「安全な通信」ではなく、そのサイトが「信頼できるサイト」を示すアイコンだと勘違いしているようです。
そういった勘違いによる混乱を回避するため、Googleはアイコンの変更を試しているようです。

 

【HTTPS-First Mode】同様に試験機能となるので、この新しいインジケータも正式に導入されるかは現時点では不明となります。

 

  • 【HTTPS-First Mode】はChrome Canaryの94から、新インジケータはChrome Canaryの93からの利用が可能です。
  • 安定版のChromeは、93が8月末に94がおそらく10月上旬頃にリリース予定となります。
風俗売上.comは風俗専門商社です。風俗専門クレジットカード決済代行システムや、風俗サイト一括更新システムキャストアップ、スカウトメール一括送信システムスカウトアップ、風俗SEO対策、写メ日記投稿システムSNOUD、自動ネット予約システムFuzoku489、風俗不動産(風営承諾物件)をはじめとする、様々なサービスで風俗店様の売上アップを支援します。 お問い合わせはこちらまで。お気軽にどうぞ!

CONTACT

お問い合わせ

まずはお気軽に
お問い合わせください。