HOME  >  風俗SEO  >  GoogleSearchConsoleの「URL検査」にユーザーエージェントの選択が追加

GoogleSearchConsoleの「URL検査」にユーザーエージェントの選択が追加

  • 2018.12.28
  • 風俗SEO

SearchConsoleの「URL 検査ツール」がクロールを行ったユーザーエージェントの情報を提供可能となりました。
MFI(モバイル・ファースト・インデックス)に移行しているかの確認に利用することができそうです。

 

 

確認と活用方法

URL検査の画面

 

SearchConsoleにログイン、「URL検査」をクリックし、検査希望のURLを検索窓に入力(URLはhttp:・https:等を正確に入力する必要があります)し、「カバレッジ 送信して登録されました」の項目をクリックすると、ユーザー エージェントの項目に「スマートフォン用 Googlebot」か「パソコン用 Googlebot」が表示され
直近でそのページのどちらをクロールしたかを知ることが出来ます。

 

サーチコンソールのURL検査画面

 

また、MFI移行の確認にも利用が出来ます。MFIに移行したサイトは「スマートフォン用 Googlebot」でのクロールが圧倒的に多くなります。現時点でGoogleは、8割が「スマホ Googlebot」2割が「PC Googlebot」と言っています。

 

MFIに移行したサイトでは、「URL検査」の結果に出るユーザーエージェントは「スマートフォン用 Googlebot」になります。そしてMFIに移行していないサイトは「パソコン用 Googlebot」になります。

※100%とは言えないようです

 

MFIが有効になったサイトにはGoogleから通知が届きます。ただ通知はバッチ処理で送られているため、時間差が生じることや、見逃す可能性も考えられます。

 

ですのでサイトがMFIに移行したかどうかをすぐに確認にするのに「URL検査」のユーザーエージェント確認は役立つことでしょう。「スマートフォン用 Googlebot」によるクロールと表示されれば、問題なくMFIに移行出来たと確認できます。

風俗売上.comは風俗専門商社です。風俗専門クレジットカード決済代行システムや、風俗サイト一括更新システムキャストアップ、スカウトメール一括送信システムスカウトアップ、風俗SEO対策、写メ日記投稿システムSNOUD、自動ネット予約システムFuzoku489、風俗不動産(風営承諾物件)をはじめとする、様々なサービスで風俗店様の売上アップを支援します。 お問い合わせはこちらまで。お気軽にどうぞ!

CONTACT

お問い合わせ

まずはお気軽に
お問い合わせください。