HOME  >  風俗SEO  >  業種によっては注意が必要なアルゴリズムについて

業種によっては注意が必要なアルゴリズムについて

  • 2018.06.14
  • 風俗SEO
SEOの上昇イメージ

Googleが検索の順位付けを行う際に、その検索クエリによっては他と異なるアルゴリズムが強くでる場合があります。

 

YMYLという言葉はご存知でしょうか?

 

「Your Money or Your Life」の頭文字を合わせた略語で、Googleの検索品質評価ガイドラインに度々登場する言葉です。Googleは、お金や生活について、つまり命や人生に影響を与えるような事に対しては、特にページの品質をチェックするというスタンスです。

 

具体的には、下記のような内容のページになります。

 

  • オンラインショッピングなどクレジットガードや銀行号座番号が必要となるページ
  • 税金や投資、保険、住宅の購入、などの経済の情報
  • 病気や医薬品など医療や健康系の情報
  • 政治や法律に関する情報
  • その他の養子縁組や車の安全性など生活に大きく関わる情報

 

これらのページは、検索結果は変動が大きい傾向にあります。

代表的な例では、2017年12月に健康アップデートともいわれる「医療・健康に関連する検索結果の改善」が行われ、医療・健康のクエリの60%が影響を受けたと言われています。

 

SEO対策を頑張っていても、順位が上がらないという場合や、順位が急に下落したというような場合は、ページの品質に問題がある可能性があります。間違った情報やあいまいな情報が書かれていないか、デザインやユーザビリティに問題がないか、運営者情報やお問い合わせ方法はあるかなど、コンテンツを見直してみた方がよいでしょう。

 

アダルト関連では「ペイデイローン・アルゴリズム」と言われるものがあります。ローン・クレジットカードなどの金融関係やアダルト関係などの、一部の検索クエリが対象になるアルゴリズムです。

 

これらのキーワードは、昔から検索結果の上位を争う競争が激しく、過度なSEO対策が行われることが多く検索結果が自然なものではなくなっておりました。そのため、Googleは内部や外部で不正が行われていないかのチェックを厳しくしました。それが、ペイデイローン・アルゴリズムと言われております。隠しテキストによるキーワードの詰め込みや、質の悪い被リンクを集めているサイトなどは、このアルゴリズムの影響を受けている可能性があります。

 

それでは、ペイデイローン・アルゴリズムに関連する検索クエリで、検索上位のサイトになる為のSEO対策とはどのようなものなのでしょうか?

 

意図をせずにGoogleが不正と判断するページの作り方をしてしまうケースはとても多くあります。また、Googleに正しく情報を伝えられないページの作り方をしているケースもあります。これらを修正して最適化する内部施策は上位表示に必要です。

 

質の悪い被リンクを集めてしまっていたり、被リンクが全然集まっていないようなサイトは、良いコンテンツであっても上位表示をするのが難しいです。これらを解決する外部施策も上位表示には必要です。

 

現在行っているSEO対策に不安を感じている場合やこれからSEO対策を行いたいとお考えの場合は、お気軽に風俗売上.comにご相談ください。

皆さまからのご連絡お待ちしております。

風俗売上.comは風俗専門商社です。風俗専門クレジットカード決済代行システムや、風俗サイト一括更新システムキャストアップ、スカウトメール一括送信システムスカウトアップ、風俗SEO対策、写メ日記投稿システムSNOUD、自動ネット予約システムFuzoku489、風俗不動産(風営承諾物件)をはじめとする、様々なサービスで風俗店様の売上アップを支援します。 お問い合わせはこちらまで。お気軽にどうぞ!

CONTACT

お問い合わせ

まずはお気軽に
お問い合わせください。